水は生命の愛言葉

水素水を毎日の水分補給に。

水素発生スティック[APPEAQUA]は

​みなさまの日々の健康をサポートします。

アピアクアの使い方についてはこちら

Hydrogen

​Stick

アピアクア 商品見本.png
水

生きるために不可欠な“水”
​   あなたは意識していますか?

人間の体の60%は水分でできており、酸素や栄養素を運んだり体温を維持したり、
老廃物の排出などの生命維持に必要な役割を担っています。
毎日の生活を健康に過ごすためには、人間の体は1日で約2.5Lの水分を排出し、
1日約1.5~2Lの水分補給を必要としています。


​“なんとなく”水分をとる毎日を“健康のために”水分をとる毎日へ

この“水”の選択が、あなたの理想とする健康と美容を叶えるひとつの手段となるでしょう。

APPEAQUAが作り出す 3つのバランス

アセット 1_72x-8.png

水素豊富水

金属マグネシウムと水の反応により、水素が発生します。

Mg + 2H₂O → Mg(OH)₂ + H₂

アピアクアは、金属マグネシウムを特殊加工したセラミックスにより継続的に水素を発生させ、水素豊富水を常時作り出します。

還元力

アピアクアは水素を発生するとともにカルシウムを豊富に含んでいるため、酸化還元電位(ORP)が低い還元水となります。還元水は、体内に取り込まれることで酸化(サビ)から細胞を守ります。

アルカリ性

アピアクアにブレンドされているpH調整セラミックスにより、水中pHはアルカリ性に調整されます。人間の体は、糖分や脂質の摂りすぎや、ストレスなどで疲労を貯めるほど酸化するのでアルカリ性にすることで体内pHを整えます。

≪水素のちから≫

​拡散力

還元力

水素は優れた抗酸化力をもつ物質です。

活性酸素のなかでも、細胞や遺伝子を傷つける悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を選択的に還元し、無害な水にして体外に排出します。

水素は、地球上に存在する分子の中で最小サイズ、且つ水にも油にも入り込むという性質があります。そのため体内に取り込まれた水素は体の隅々までたどり着く拡散力があると言われています。

“水素は組織や細胞の中に迅速に拡散し,酸化還元反応系を乱すこともなく,活性酸素種によるシグナル伝達を阻害することもない.さらに水素は,遺伝子の発現を制御することで抗酸化作用を示す上,抗炎症作用,抗アレルギー作用,抗アポトーシス作用を示し,さらにエネルギー代謝を活性化させる。"

日本医科大学教授 太田 成男氏『水素医学の創始,展開,今後の可能性: 広範な疾患に対する分子状水素の予防ならびに 治療の臨床応用へ向かって』より

TECHNOLOGY

S__25083940_edited.jpg

4つの機能セラミックスをブレンド

水素発生セラミックス、還元セラミックス、PH調整セラミックス、マイナスイオンセラミックスの4つの機能セラミックスが1つのスティックにブレンドされています。

特殊加工のより継続的な水素発生が可能に

水素発生セラミックスは、金属マグネシウムとカルシウム成分を特殊加工したセラミックスボールになっており、従来困難とされていたメンテナンスを必要としない継続的な水素発生が可能となっております。

持ち運びに便利な

​スティックタイプ

ペットボトルなどの容器にスティックを入れるだけで、簡単に水素水が作れます。外出先でも運動時でも気軽に水分補給として水素を取り入れることが出来ます。

 

≪ご使用方法≫

1)アピアクアを水で洗います。

2)飲料水にアピアクアを入れます。

​3)お好みのタイミングでお飲み下さい。

​使用中のPoint

こまめに水分補給をしましょう。

​⇒水素は体内に取り込んでも1時間程度で体外に拡散されてしまいます。

容器いっぱいに水を満たしましょう。

​⇒水素が水中から逃げにくくなり、より濃度の高い水素豊富水を作ります。

hikari_72x-8.png
水が入ったペットボトル.png
アピアクア 商品見本.png
矢印アイコン (1).png

目安

​500mlの水に対しアピアクア1本をご使用ください。

アセット 1_72x-8_0.png

おすすめの飲み方

◎毎日の水分補給、運動の前後に。

​◎うがいやお料理にもご活用いただけます。

※アピアクアが入っていない状態では、水中の水素は時間が経過するとともに大気中に拡散します。

​※長期間水の入れ替えを怠ると、アルカリ性が強くなり個人差はありますが、飲用しにくくなります。

 特に、胃腸の弱い方はアルカリ性が強すぎると下痢を起こす可能性がありますのでご注意ください。

​※使用開始後約1ヵ月間は、飽和水素濃度に達する水素を発生し続けます。

​アピアクアに関するQ&Aはこちら